GIANTKING ‐ とは

ジャイアントキングは7000万年前の地層から化石が発見されるほど太古から生息する古代魚であるが現在も生存が確認されている生きた化石である。正式にはマグナレックス(magna rex)という。標準和名はガーラトゥユミャと呼ばれており、日本では琉球王朝時代以前からの沖縄県で多く目撃されていた事から和名に琉球言葉が使用されている。

 

特徴

全長は3mを越える報告例もある。これまで巻き網に入るなどの実例はごくわずかであるが生息の確認はされている。しかし、激しい気性、鎧の様な強靭な肉体とパワーの前に捕獲には至っておらず研究機関による正確な調査ができていない。よって生態系は未だ謎のままである。顎の力は22tに達すると言われており既に絶滅したサメの超大型種メガロドンをも上回ると言われている。生息範囲は広く時代と共に寒帯、熱帯など地球上であれば何処へでも生息条件に合わせて移動を繰り返していると思われる。1500万年前の化石からは湖で生息していた可能性も高まっており研究者を虜にさせる謎多き魚である。

 

概要

ジャイアントキングの名前の由来は、その姿形から南海強者ジャイアントトレバリーの様な筋肉質な魚体と体高、太平洋の王者キングフィッシュの様な鋭く洗練された魚体の両方を兼ね備えているため、双方の名前からジャイアント&キングを掛け合わせた愛称としてファンから古く親しまれている。釣り好きの間ではジャイアントキングを最初に釣り上げようと人生を掛けて狙い続ける釣り人が多いが、未だに釣りあげた者はいない。

 

と、ここまで実は全て創作のお話しです。このデザインにどのような背景やコンセプトが共存して生まれたのか、最初に知って頂くことでジャイアントキングという架空の設定で展開されるブランドに少しだけ触れて頂こうと考えました。

 

創作ストーリー型ブランド

GIANTKINGは2018年の夏に海のアパレル系ブランドとして立ち上がりました。当社代表の後藤盛崇の考えに、様々なクリエイターのアイデア・意見が集まり、デザイナー溝部氏との共同プロジェクトによって生み出された創作ストーリー型のアパレル系ブランドです。立ち上がるまでには多大な時間を費やし困難はありましたが、協力者のもと新たな船出となります。

 

SPECIAL THANKS

Sachiko Mizobe

Yusuke Miyazawa

Shinichi Osawa

  and Cacca de olo Member's