MALDIVES GT 2019



FISHING

タックル概要

・GTタックル2本~3本

宮古島や石垣島で使用するサンゴ礁のGTタックルで大丈夫です。

ルアー:120~75g PE5~8号 リーダー100~140ポンド

対象魚:GT、他大型他魚、夜間泳がせ併用

 

・ライトキャスティングタックル1本

オフショアGTの際の超シャロー攻めに有効

船中泊時のナイトキャスティングに有効

ルアー:60~30gのトップ、ミノー等 PE3号前後 リーダー60ポンド前後

対象魚:GT、カスミアジ、夜ギンガメアジ、夜イソマグロ

 

・シーバスタックルorスーパーライトジギングタックル

船中泊1番の醍醐味は夜のスーパーライトジギングです。GTタックルと同じくらい必需品です。

ジグ:50~30g PE1~1.5号  リーダー20ポンド

対象魚:昼底物、夜ギンガメ、夜メアジ、夜カマス 入れ食い!エギングも併用可能

 

*カマスに切られるためアシストフックは切れにくい物かトリプルフック装着推奨です。活性高いのでフックで釣果に差は出ません。

*ジグは100均ジグで十分です!100円でトリプルフックも付いているので超便利。30個あると良いかも?

 

・泳がせタックル/GTタックル併用可能

ナイトジギングで釣れたメアジやカマスなどを一本掛けの泳がせで大物を狙います。夜は昼と違って船の周りに多くの魚が集まってくるので大型のGTやイソマグロが回遊してきます。

 

・エギングタックル/シーバスタックル併用可能

夜間は朝まで集魚灯をたいてくれるので大型のアオリイカが寄り付きます。全くすれていないので群れにはまれば必要となります。

 

モリゾータックル参照:GT2本、ライトキャスティング1本、スーパーライトジギング1本の4本です。GTはもちろん必要ですが、夜ご飯食べた後は夜タックル持っていないと全くやることないので夜のスーパーライト系は持参必須です。絶対面白いので持ってきてくださいね!とここまで言っているのに毎回持ってこない人がいます!が、100%後悔していますので持ってきてくださいね(笑)

 

アクティビティー

日程が4日半にもなると、場合によっては午後はマザーシップのみGT&シュノーケリングに切り替わったり、夕方に希望者のみテンダ―ボートで無人島やローカルアイランドに上陸したり、夜の海でロブスターシュノーケリングに出かけたりスタッフが色々提案してくれます。こちらはケースバイケースなので出来る範囲になりますが柔軟に遊ぶことをお勧めします。